〜最新情報〜
 4月10日より前売りチケット発売!

第20回公演にむけて、立川志らくからのメッセージ

下町ダニーローズとは、立川志らく演出脚本出演の舞台。今回はその第20弾!「人形島同窓会」は2015年に劇団謎のキューピーの為に志らくが書き下ろした「地獄の同窓会」のリメイクである。初演の際は全くのサスペンスホラーの演劇であったが今回は違う。
コメディがやがて三角関係のラブストーリーになり、気がつくと、とんでもないサスペンスホラーに変貌している物語。いままで誰も体験したことがない世界を、落語、ひとりコント、スタンダップコメディ、漫才、喜劇、元漫才の六人の喜劇人に女優と役者が加わり独特の世界を作り上げる。
物語は、水天宮商業高校の同窓会が西アフリカ料理のレストランで開催された。参加したのは刑事とヤクザ、落語家、そしてひとりの女性だけ。店のオーナーも同窓生だという。楽しげな同窓会がやがてブードゥ教のとんでもない儀式に巻き込まれてしまう。
笑いと恐怖が入り混ざる究極のエンターテーメント。是非ご覧ください。
 
立川志らく

 

 「人形島同窓会」
作・演出立川志らく

 
公演日程
2018年6月7日〜17日 
 
会場
下北沢小劇場B1 (北沢タウンホール地下1階)地図

 
料金
指定席・前売5000円 当日5500円
自由席・前売4000円 当日4500円
※自由席は舞台横からの観劇になります
 
チケット発売 4月10日より
チケットぴあ 電話0570ー02ー9999(Pコード486ー070)チケット購入
イープラス チケット購入
ダニーローズ 電話03ー6904ー9730(平日11時〜18時)
問い合わせ/ダニーローズ 電話03ー6904ー9730
協力/ワタナベエンターテイメント 

出演者

立川志らく


モロ師岡


ぜんじろう


 

小堀裕之


原武昭彦


コロンボデンゾー


 

川上麻衣子


小池美由


蛭子能収(映像出演)


 

関口アナム


幸田友見


箱田博之


 

舞台監督/亘理千草  音響/吉田望(ORANGE  COYOTE) 照明/由利優樹  
公演日程&開演時間

 
6月7日(木)  6月8日 (金) 6月9日 (土) 6月10日 (日 6月11日(月) 6月12日(火) 6月13日(水)
19時00分   19時00分    昼/13時30分
  夜/18時00分  
13時30分  19時00分  昼/14時30分
夜/19時00分
14時30分 
6月14日(木) 6月15日(金) 6月16日(土 6月17日(日)      
19時00分 昼/14時30分
夜/19時00分
昼/13時30分
夜/18時00分
13時30分 ※ 開場時間は開演30分前を予定しております  

 「志らくのコメント動画」

作品解説!

 

【下町ダニーローズの歴史】 
2003年に劇団「下町ダニーローズ」を結成し、6月に旗揚げ公演「ブルーフロッグマンの憂鬱」を開催。以降年に1〜2回の本公演を行う。脚本(脚色)、演出、出演、時に音楽も担当。
2005年の第5回公演で向田邦子原作「あ・うん」を上演、翌年再演の舞台(製作:あ・うん制作委員会)はNHK-BSで放映。
2008年の第9回公演は大林宣彦監督作品「あした」(赤川次郎原作:午前0時の忘れもの)を新宿紀伊國屋ホールで開催、こちらもNHK-BSで放映。
2009年には「演劇らくご」という新たな試みに挑戦。古典落語を一席演じた後にその後日談を芝居にするもの。「鉄枴」「疝気の虫」「火焔太鼓」「黄金餅」「芝浜」「真景累ヶ淵」など。
2016年下北沢・小劇場B1で「不幸の家族」を公演、大評判となり、2017年赤坂レッドシアターで再演。2017年ひとり芝居「不幸の伊三郎」本多劇場を上演。

劇団下町ダニーローズの演劇について約30分語る

 
  第19回公演「不幸の家族」公演風景からのPR動画
 
「不幸の家族」稽古風景からのPR動画
 

「真景累ヶ淵殺人事件」稽古風景からのPR動画