劇団下町ダニーローズ

主な劇団の歴史 
2003年に劇団「下町ダニーローズ」を結成し、6月に旗揚げ公演「ブルーフロッグマンの憂鬱」を開催。
以降年に1〜2回の本公演を行う。脚本(脚色)、演出、出演、時に音楽も担当。
2005年の第5回公演で向田邦子原作「あ・うん」を上演、翌年再演の舞台(製作:あ・うん制作委員会)はNHK-BSで放映。
2008年の第9回公演は大林宣彦監督作品「あした」(赤川次郎原作:午前0時の忘れもの)を新宿紀伊國屋ホールで開催、こちらもNHK-BSで放映。
2009年には「演劇らくご」という新たな試みに挑戦。古典落語を一席演じた後にその後日談を芝居にするもの。「鉄枴」「疝気の虫」「火焔太鼓」「黄金餅」「芝浜」「真景累ヶ淵」など。
2016年下北沢・小劇場B1で「不幸の家族」を公演、大評判となり、2017年赤坂レッドシアターで再演。
2017年 ひとり芝居「不幸の伊三郎」本多劇場

 

劇団下町ダニーローズの演劇について約30分語る
 
「不幸の家族」公演風景からのPR動画
「不幸の家族」稽古風景からのPR動画
 

「真景累ヶ淵殺人事件」稽古風景からのPR動画
「不幸の家族」公演のチラシ表面志らく直筆で「思い」を描いた